Chacott Online Shop

  • バレエ Ballet
  • フィットネス・ヨガ Fitness/Yoga
  • ジャズダンス・ヒップホップ Jazz Dance/Hip Hop
  • 社交ダンス Ballroom Dance
  • ワールドダンス World Dance
  • アートスポーツ Art Sports
  • コスメ Cosmetics
  • 店舗を探す Store Locator
  • 関東 Kanto
  • 北海道・東北 Hokkaido,Tohoku
  • 中部 Chubu
  • 近畿 Kinki
  • 中国・四国 Chugoku,Shikoku
  • 九州 Kyushu
  • レッスンについて Lesson
  • 渋谷スタジオ Shibuya Studio
  • 宮益坂バレエスタジオ Miyamasuzaka Ballet Studio
  • 池袋劇場通りスタジオ Ikebukuro Theatre Street Studio
  • 横浜スタジオ Yokohama Studio
  • 勝どきスタジオ Kachidoki Studio
  • 名古屋スタジオ Kachidoki Studio
  • 心斎橋スタジオ Shinsaibashi Studio
  • 西心斎橋スタジオ Shinsaibashi Studio
  • 神戸スタジオ Kobe Studio
  • 福岡スタジオ
  • 池袋ヨガスタジオ Ikebukuro Yoga Studio

MENU

  1. HOME
  2. バレエ
  3. Designer's Note 〜人気アイテムの秘密〜

ドレープの美しさと、
軽やかな着心地

踊りに合わせてゆれるドレープ、自由に動ける薄さと軽さ。ニットシフォン素材のリバーシブルキュロットは、そのデザイン性の高さも一役買って、2010年発売以来人気であり続けるロングセラーアイテム。
気になる誕生秘話からデザイナーのこだわりまで、その魅力をご紹介します。

着こなしが広がるリバーシブル、ボトムの新定番としてデビュー

開発当時、バレエのボトムといえば巻きスカートが主流。でも透ける巻きスカートは、大人からはじめた人には少々ハードルが高い。そういう方でも挑戦しやすいボトムとして考えられたのが、リバーシブルキュロットでした。今では洋服感覚で着こなせるデザインと美しいドレープで幅広い層から人気を得て、毎シーズン登場する新たな定番となりました。そのはじまりは「バレエらしいロマンティックなイメージの、薄い素材で二重になるキュロット」というデザイナーのアイデアをカタチにする素材探しからでした。

目指したデザインをカタチにするニットシフォン素材

バレエウェアづくりも料理と一緒、素材の目利きが重要です。機能性を考えると、生地の薄さと軽さが大切。さらに、ギャザーを寄せても広がりすぎず、大人好みのコンパクトなシルエットになること。これらすべてに適した素材を探していたころ、他ジャンルのダンスウェアに使われていた素材に目がとまりました。落ち感のあるシルエット、リバーシブルでも踊りやすい軽さ。このニットシフォン素材との出会いで、目指したアイデアがカタチになりました。

レッスンでもおしゃれに、ボトムで広がるコーディネイト

9月発売のリバーシブルキュロットは、4色のカラーバリエーションを展開。同月展開のレオタードやプリントで使われている色と同系色で染め上げました。どちらの面の色も合わせやすく実用的。さまざまなデザインのレオタードと組み合わせて、多彩なコーディネイトが楽しめます。

Models:Hannah O'Neill (BALLET DE L'OPERA NATIONAL DE PARIS) / Kyoka Nakai(Star Dancers Ballet)

PAGETOP