Chacott Online Shop

  • バレエ Ballet
  • フィットネス・ヨガ Fitness/Yoga
  • ジャズダンス・ヒップホップ Jazz Dance/Hip Hop
  • 社交ダンス Ballroom Dance
  • ワールドダンス World Dance
  • アートスポーツ Art Sports
  • コスメ Cosmetics
  • 店舗を探す Store Locator
  • 関東 Kanto
  • 北海道・東北 Hokkaido,Tohoku
  • 中部 Chubu
  • 近畿 Kinki
  • 中国・四国 Chugoku,Shikoku
  • 九州 Kyushu
  • レッスンについて Lesson
  • 渋谷スタジオ Shibuya Studio
  • 宮益坂バレエスタジオ Miyamasuzaka Ballet Studio
  • 池袋劇場通りスタジオ Ikebukuro Theatre Street Studio
  • 横浜スタジオ Yokohama Studio
  • 勝どきスタジオ Kachidoki Studio
  • 名古屋スタジオ Kachidoki Studio
  • 心斎橋スタジオ Shinsaibashi Studio
  • 西心斎橋スタジオ Shinsaibashi Studio
  • 神戸スタジオ Kobe Studio
  • 福岡スタジオ
  • 池袋ヨガスタジオ Ikebukuro Yoga Studio

MENU

  1. HOME
  2. バレエ
  3. コンプレッションバンド

aaaa

バレエのすべての動きに通じる「アンディオール」。
脚の付け根から外旋させる感覚をつかみ、身体の使い方を改善しませんか。
「チャコット コンプレッションバンド」は肌にやさしい質感と、約5万回の伸縮でも維持されるサポート力で
体格やレベルに応じた、効果的なストレッチができるようサポートします。

GOOD POINT

GOOD POINT

ひとりでも体感できる、
アンディオールの感覚
脚に巻きつけたバンドが動きをガイドし、アンディオールの習得をサポート。
じっくり身体と向き合って、一生ものの基礎を身につけませんか。

動きの中でも、
美しいアンディオールで
さまざまな動きの中で、アンディオールし続ける意識を。
ポケットで甲をホールドすれば、
バンドを巻いたままバレエバーでの動きにも
活用できます。

動きの中でも、
美しいアンディオールで
さまざまな動きの中で、アンディオールし続ける意識を。
ポケットで甲をホールドすれば、
バンドを巻いたままバレエバーでの動きにも
活用できます。

Chacott Compression Band

一方向にだけしっかり伸びる特性が、軸をキープし、効果的なストレッチができるようにサポートします。

軽くて薄く、伸ばしても薄くならない1Way素材で耐久性にも優れています。無臭で、さらっと肌にやさしい素材です。

甲がホールドされることで、バンドの強度を利用した効果的なトレーニングを行うことができます。

HOW TO USEHOW TO USE

脚の付け根から回転させる
(ターンアウトの)感覚をつかむための
エクササイズです。

フロアでの使用例

  • 脚の付け根まで巻きつけ(ゆるみが出ないようにぴたぴたに)、バンドを引き上げて長座の姿勢に。
  • 巻きつけた方の足を、足首・ひざ・脚の付け根を意識し、外側に回転させます。
  • 続いて、内側に回転させます。2〜3の動きを繰り返し、反対の脚でもバランスよく行ってください。

閉じる

バレエバーでの使用例1

  • バレエバーの横に立ち1番ポジションに。バンドは前から胸元で持ちます。
  • つま先を意識しながら前方へ脚を上げて1番ポジションに戻ります。
  • つま先を意識しながら横方向へ脚を上げて1番ポジションに戻ります。
  • 身体の軸を保ったまま後方へ脚を上げて1番ポジションに戻る。軸足をかえて前横後繰り返し行ってください。

閉じる

バレエバーでの使用例2

  • バレエバーの横に立ち1番ポジションに。バンドは後ろから肩の位置で持ちます。
  • フレックスのまま前方へ脚を上げて1番ポジションに戻ります。
  • フレックスのまま横方向へ脚を上げて1番ポジションに戻ります。
  • フレックスのまま斜め後方へ脚を上げて1番ポジションに戻ります。軸足をかえて前横後繰り返し行ってください。

閉じる

バレエバーでの使用例3

  • バレエバーに向かって立ち1番ポジションに。バンドは後ろから頭の上まであげて強度をプラス。
  • バンドを引き上げながら、前方へ脚を上げて1番ポジションに戻ります。
  • バンドを引き上げながら、横方向へ脚を上げて1番ポジションに戻ります。
  • バンドを引き上げながら、後方へ脚を上げて1番ポジションに戻ります。軸足をかえて前横後繰り返し行ってください。

閉じる

肩から背中にかけてのストレッチ

  • 足を肩幅くらいに開き、頭、肩、腰が一直線に並ぶ意識で立ちます。バンドを肩幅より広く持ち、手を上げます。
  • 息を吐きながらゆっくりと腕を後方へまわします。
  • 無理のない範囲で、腕をゆっくりと回転させます。
  • 腕の高さをフロアと平行になるように戻し、肩甲骨を意識してバンドを左右に引っ張ります。
  • バンドのテンションを保ったまま腰を左右に回転させます。
  • この回転を繰り返し行ってください。

閉じる

Model:木村優里(ソリスト)/新国立劇場バレエ団(NBJ)

PAGETOP