HOME

>

バレエをはじめよう

>

教室・スタジオを探そう

教室・スタジオを探そう

教室・スタジオにも個性はいろいろあります。
コンクールに出場する生徒さんをたくさん輩出している有名な教室から、気軽に参加できるスポーツクラブのクラスまでタイプは多彩。
でも、教室や先生が有名な方がいい、というわけではありません。はじめてバレエに触れるお子さんにとって大切なのは、教室の方針や雰囲気との相性です。

『バレエ団付属バレエ学校』

ひとつめは、バレエ団付属のバレエ学校。稽古場の設備、教育プログラムなど学びの環境が整っていることに加え、プロのバレリーナの存在を身近に感じながらレッスンを受けることも可能です。バレエ団出身の教師も多く、数々の舞台経験を通して得た指導を受けられるメリットも。上のクラスの生徒の中にはプロを目指す人も多く、ハイレベルで刺激的な環境の中での学びを経験できるでしょう。また、がんばればバレエ団の公演に出演する可能性も。
区切り

個人の教室

こちらはコンクール入賞者を多数輩出するような本格的なスタジオや、気軽に通えるアットホームな雰囲気の教室など幅広くあります。
クラシック・バレエだけではなく、モダンダンスやジャズダンス、タップやストリートダンスなど、さまざまなジャンルのクラスを設けているスタジオも。また、先生が公民館など市区町村の施設や幼稚園などに、出張してレッスンを行っている場合もあります。
どちらもその先生の考え方が色濃く反映されるレッスン内容であり、生徒と先生の関係はバレエ団付属のスタジオよりもより緊密になりますから、教室の方針とバレエを習う目的やお子さんのやる気などを考えに入れて選ぶことが大切です。
見学時には、その先生が“何に重点を置いて”指導をされているかをしっかり見るといいでしょう。基本のポジションを重視する先生もいれば、まずは踊る気持ちを優先して楽しく、という方針の先生もいます。上のクラスはどんな雰囲気なのかもわかるとさらに参考になります。
個人教室の場合には、“ひとりひとりの生徒としっかり向き合ってくれる”教室が多いことがメリットです。これは、大きなスタジオではなかなかむずかしいことかもしれません。
区切り

カルチャーセンターやスポーツクラブ

チャコちゃん
スイミングや体操など、ほかのお稽古ごとと並行して気軽にはじめられるのが魅力です。教室の雰囲気もオープンなところが多く、まずはバレエを踊る楽しさに触れたい、というお子さんにはぴったりかもしれません。さらに、講師にいろいろなバレエ団のダンサーをラインナップしている所が多いのもうれしい点です。もう一歩、本格的にバレエを学びたいと思ったときに、先生のネットワークから教室を紹介してもらうことも不可能ではありません。また、更新のタイミングが1か月、3か月、と短い期間で行えるところが多いのも魅力です。
区切り
実際に教室・スタジオを探すときは、まずはインターネットで調べる方が多いようです。WEBサイトのない教室もありますので、タウンページ、おけいこ雑誌、地域の広報誌などをチェックしてみましょう。 いくつか候補を決めたらまずは問い合わせを。見学や体験ができるか確認しましょう。