HOME

>

おしえて!バレエFAQ

>

発表会・舞台について

おしえて!バレエFAQ

ブラン先生に聞いてみよう!よくあるバレエのこんな質問

発表会・舞台について

発表会って?

ブラン先生
多くのバレエ教室では 1〜2年に1度「発表会」を開催しています。
衣裳をつけて、バレエメイクをして舞台で踊る姿は、親なら1度は観たいもの!大きな舞台を使って開催されるものから、小さな施設で発表するものまで様々な形があります。
かかる費用も規模や出演曲数、お子さんの年齢などよって色々ですが、5〜10万円を目安としている教室が目立ちました。カルチャークラスやスポーツクラブでも、店舗によって開催しているところもあります。

発表会が近づくとレッスンの内容が本番の舞台に向けたものになり、教室によっては本部・本校などいつもと違う場所にレッスンに行ったりすることも。
通常のレッスン日以外にも稽古が増えたり、照明下見や、ゲネプロと呼ばれる本番と同じように舞台で行う練習がある場合もあります。
また、本番当日のママたちの役割も教室によってさまざま。発表会に参加される場合は、先生や先輩ママ・パパに費用やスケジュール、今までの話などを聞いてみると安心ですよ。
区切り

発表会は必ず参加?

ブラン先生
発表会のある教室では、子どもクラスの場合は参加を基本としている教室が多いです。
「全員参加がモットー」「都合により選べます」「参加が基本だけど、強制ではありません」など、さまざまですが、普段のレッスンも発表会に向けた内容になることも多いので、参加・不参加については(大きい子の場合は特に)お子さんともよく話した方がよいでしょう。
区切り

舞台で着る衣裳はどうするの?

ブラン先生
レンタル、購入、(自分で or 依頼して)作成する、などの方法があります。これは教室によって異なり、同じ教室でも作品によって異なることも多いです。
レンタルや購入の場合でも、、ホックやゴムの調整など、多少の手直しを各自でする場合も。
区切り

発表会の他には何かイベントがあるの?

ブラン先生
大きな規模の発表会の他に、おさらい会やミニ発表会、クリスマス会などなど、本番の機会の多い教室もあります。また地域のイベントに、バレエ教室で参加することも。
おさらい会などでは、ソロで踊るチャンスがあったり、本番の舞台を踏むことで子どもたちの成長を、と考えてくださる先生が大勢いますよ!
区切り

コンクールって?

ブラン先生
バレエのコンクールは全国各地、国内外で開催されています。
年齢やバレエの継続年数など、参加条件もさまざま。プロの道へつながる本格的なコンクールから、バレエシューズでも参加できるプレコンクールまであります。
有名な海外コンクールは、熊川哲也さんらスターダンサーを輩出してきた「ローザンヌ国際バレエコンクール」や「ヴァルナ国際バレエコンクール」、そして映画『ファースト・ポジション』で話題となった「ユース・アメリカ・グランプリ」など。
本格的なコンクールでは、スカラシップ(奨学金)があったり、海外のバレエ学校へ留学するチャンスなども。
参加なんてまだまだ!コンクールなんて未知の世界!というお子さんでも、きちんと座って観ていられる年齢になったら、国内コンクールを観に行くのもきっと勉強になりますよ。